政策




行政改革、議会改革、医療・福祉、教育、景気対策など、 ひおき文章だからこその庶民目線の改革を断行します!
 >>>政策の詳細

メルマガQRコード




上のQRコードから登録できます。
京都市政についてのひおき文章の熱い想いをお届けしています。
 >>>メールマガジン登録

動画コンテンツ




ひおき文章の活動を動画で配信中!
■ひおき文章紹介動画
 >>>ひおき文章紹介DVD
■公明党の活動を動画配信
 >>>関西公明党プラス

HOME >>> 対談 >>> 横関伸也氏

唯一無二への挑戦

天下一品を牽引し共に歩む若手役員として現場を支える横関伸也氏。

常に挑戦し続ける姿勢で発展を続ける天下一品の原動力は何なのか。

唯一無二の秘伝の味を持ちながら、更なる挑戦を続けるその思いの内を聞いてきました。

日置 御社の木村社長の話をいつも拝聴させていただき「不景気だからこそチャンスはある」との力強い言葉とそれをしっかり実践する従業員の方々に関心させられます。
横関 ありがとうございます。

木村社長は不景気なんて関係無いというタイプで、常々「不景気を言い訳にするな、不景気だから売上が落ちても仕方がないと言うのではなく、自分の職務をいかに全うして会社に貢献出来るかだ」と言われています。
日置 私も企業が元気になってくれればと中小企業の方々のために2200億円の制度融資を推進してきました。
その制度で実際活気を取り戻している会社や、不景気だからこそ挑戦をと一転して前向きに捉える方々の声も聞かせていただきうれしい限りです。

しかしそれにしても社長の方針一つで活気良く全体が前向きに取り組まれる御社の体制は素晴らしいですね。
横関 弊社は、従業員みんなが木村社長の思いを理解し実践してくれているので恵まれていますが

ただ世の中の情勢を見ていると、不景気によって仕事が無いという問題は深刻だと思うのでしっかり雇用対策を立てて欲しいと思います。
日置 そうですね。

様々な対策を考えていますが、まずは高齢化社会に対応するための介護施設の拡充、それによるヘルパーの3割増を目標に雇用拡大に努めています。
横関 雇用が無くなると金融の流通も悪くなり悪循環に陥るので、いまのうちにしっかり対応していただきたいです。
日置 雇用対策のためには就職支援もありますが、長く定着して働ける環境作りも大切だと思います。

御社は大変離職率が低く、長く定着して働かれていますね。
横関 弊社は就業規則で縛るというのではなく、和を尊ぶので従業員同士の雰囲気が良いのが自慢です。
日置 素晴らしい企業風土ですね。

亡くなられた竹内専務ともいろいろお付き合いさせていただいておりましたが、会社でも地域でも人望も厚く、人のために尽くす方だったのを記憶しています。

やはり経営者側の思いが出ているのでしょうか。
横関 そうですね。

竹内専務もそうだったのですが、木村社長もとても人情に厚く何か困ったことがあれば全力で対応すると言う姿勢が職場全体に表れているのではないでしょうか。
日置 なるほど、経営者と従業員が親身になり、気持ちでつながっていると言うことですね。
横関 後は弊社の従業員は、天下一品のラーメンを愛して天下一品のラーメンに携わりたいと入社した人間もたくさんいますので、 それもありモチベーションも高く雰囲気も良くなるのだと思います。
日置 同じ物を愛し同じ物を売っていこうと一致団結することですね。

どのような組織でも志を同じくして一丸となれる組織は強いですね。

行政でも見習いたい所だと思います。

ラーメン業界も競争がはげしくて大変だと思うのですが、それを乗り切って生き抜いてこられた秘訣もやはりその団結でしょうか。
横関 それもあると思いますが、
弊社の場合やはりどのジャンルにも該当しない、あのスープの存在が大きいですね。
日置 確かに天下一品と言えばあのこってりスープですね。
横関 やはりこってりスープの力は大きく、決して安くは無いのですが、
根強いファンの方のおかげで継続してこれたのだと思います。
日置 私も時々食べに行っておりますが、周りにもファンの方も多くて、毎日天下一品という人もいますからね。
横関 ありがとうございます。
ただ弊社はそれに甘えることなく、新しい「こってりと並ぶ柱」を作りたいと日々研究開発しています。
日置 あのこってりスープに並ぶ程の物となると、大変な挑戦ですね。

しかし挑戦することを忘れた企業はダメになるということも言われますし、それは超人気メニューを抱える天下一品と言えども例外では無いのですね。
横関 そうですね。

限りなく難しいことだとは思いますが、挑戦していきます。

それと同時に現在取り組んでいることとしましては、さらなるサービス品質の向上のためにソフト面での対応に取り組んでいます。

一軒一軒の店の精度をいかに上げるかという実務レベルでの対応を行っているところですが、
それがさらに地域に根付き貢献していけることにつながれば良いと思います。
日置 地域貢献、従業員の方々の和と言い「心」を大切にされていることがよくわかります。

そういえば「あがりゃんせ」は癒しの場として大変好評ですね。

何度も行ってファンになっている方が京都でもたくさんおられますよね。
横関 ありがとうございます。

木村社長の方針でもあり「あがりゃんせ」も地域貢献の気持ちがすごく強いですね。

日置さんも様々な実績を上げておられますが、市会議員と言うこともあり地域に密着した実績がたくさんありますよね。
日置 そうですね、高齢者福祉施設「紫野」・特別養護老人ホーム「柊野」や児童館「上賀茂」等の建設、「京都ライトハウス」の整備等地域に必要とされる施設を拡充してきました。

教育面でも京都の小・中・高校の設備の充実に努めてきました。

全京都少年野球振興会 天下一品杯等の開催は教育面でも貢献されているのではないでしょうか。
横関 ありがとうございます。

日置さんの教育面での実績と言うと「教室冷暖房完備」「快適トイレ設置」「学校耐震補強工事実施」ですね。

北区内の小・中・高校と全てに設置されたとかで大変な苦労だったと思います。
日置 ありがとうございます。

子供達により安心・安全な環境で教育を受けて欲しいという思いで推進してきました。

子供達の栄養のバランス等を考えた学校給食を導入すれば、保護者の方々の負担も軽減出来るし子供達の健康にも留意出来るとの思いで「学校給食」も推進し実施することが出来ました

天下一品のラーメンと言えば「スタミナ満点なのにヘルシー」のイメージが定着していますし、それを「一人でも多くの方に届けたい」と言うことと通じる物があるような気がしました。
横関 そうですね。 未開拓エリアもまだまだたくさんありますので、
少しでも天下一品のラーメンを届けるために更なる研究開発に励みよりレベルの高い物を提供していきます。
日置 常にチャレンジしていかれる姿勢に、1ファンとして更なる期待をしています。

これからもレベルの高いサービス、新しい味を生み出していってください。

対談後記

天下一品は「こってり」という盤石な武器を持っていることでラーメン業界の中でも異彩を放っているのではないかと思う。

しかし自社が作り出した絶対の自信を持つ「こってり」を超えたいと日夜研究を重ねられている。

そのチャレンジ精神を見習っていかないといけないと思う。

天下一品に限らずレベルの高い商品を送り出す企業には本当に血のにじむ努力が隠されている。

そういったレベルの高い企業の多い京都という土地において、それらの企業を側面から支える市政を作り上げなければいけない。

今回の対談ではなまじっかな覚悟で臨んではいけないことを再確認することが出来た。


ゲスト紹介

横関 伸也  (よこせき しんや)

昭和38年11月29日に東京で生まれる

大学卒業後京都に住居を移し結婚

良き夫として、2児の良き父として地域での信頼も厚い

平成12年 株式会社アドバンフーズ取締役営業部長就任

現在は社長を支え現場の責任者として能力を発揮


Copyright (C) 2011 ひおき文章 All Rights Reserved.